「レース鳩」の世界最高額は…1億9800万円で落札の仰天

公開日: 更新日:

「仰天価格」といって差し支えないだろう。

 今月15日にベルギーで行われたレース鳩のオークションで、2歳のメス鳩が史上最高額の160万ユーロ(約1億9800万円)で落札されたのだ。

「ニューキム号」と名づけられた鳩はメスで、通常はオス鳩の方が高価なことから関係者を驚かせている。

 近年、レース鳩の価格が高騰しており、昨年3月も「アルマンド号」というオス鳩が約125万2000ユーロ(約1億5500万円)で落札された。

 このところ競売で最後まで価格を競い合っているのは中国人で、レース鳩による長距離レースが大きな盛り上がりを見せていることから、血筋のいい鳩が求められている。

 しかもベルギーが伝統的に良質の鳩を育てていることから価格が急騰している。

 今回も「ニューキム号」の入札時の価格は200ユーロ(約2万4800円)に過ぎなかったが、最初の90分で130万ユーロ(約1億6100万円)までハネ上がり、史上空前の鳩ブームとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  4. 4

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  5. 5

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  6. 6

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

もっと見る