<70>勝新太郎は帰国が決まるとなぜか「白いハット」を購入

公開日: 更新日:

 1991(平成3)年5月11日の午前、勝新太郎はホノルル発羽田行きの中華航空機に搭乗した。そのそばには、若山富三郎に頼まれてハワイまで勝を迎えに来た牛次郎の姿もあった。

「富さんの具合も悪くなっていたし、ケジメも必要だ。人生には一度、区切りをつけなきゃならないこともある。それで『そろそろ帰るか』ってなったんだけど、そしたらなぜか帽子を買わなきゃいけないって言いだした。なんで帰る時に帽子なんか必要なんだって思ったんだけど、店で白い大きいツバのハットを見つけて『これがいい』って。それが実際に機内や羽田で係官に連行されているときにかぶっていた帽子だよ。あれは似合ったし、さすがにかっこよかった。常に自分の見せ方を考えてたんだろうね」

 勝の一行は2階のビジネスクラスに陣取った。

「最初は2階の座席を全部買っちゃおうかって話もあったんだ。現地に押しかけてきていたマスコミは毎日、帰国便がいつになるのかをチェックしていた。どうせ一緒に乗り込んでくるだろうけど、せめて機内では静かに過ごしたいって考えていたんだよ。でも、それができなくて、結局、マスコミにもみくちゃにされることになったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  8. 8

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る