著者のコラム一覧
田中幾太郎ジャーナリスト

1958年、東京都生まれ。「週刊現代」記者を経てフリー。医療問題企業経営などにつ いて月刊誌や日刊ゲンダイに執筆。著書に「慶應幼稚舎の秘密」(ベスト新書)、 「慶應三田会の人脈と実力」(宝島新書)「三菱財閥 最強の秘密」(同)など。 日刊ゲンダイDIGITALで連載「名門校のトリビア」を書籍化した「名門校の真実」が好評発売中。

母体はイエズス会 神奈川「栄光学園」少数精鋭教育の強み

公開日: 更新日:

栄光学園(神奈川県)

「うちの生徒は純粋培養のひ弱なイメージが強いかもしれませんが、世間が思っているよりもずっと、たくましい」と話すのは、神奈川県の名門男子中高一貫校「栄光学園」(鎌倉市)のOB。

「ミッションスクールなので、特に文武両道が奨励されるような校風ではない。2時限目と3時限目の間に全校生徒が上半身裸で運動する『中間体操』というイベントはありますが、それよりも通学ですね。これで鍛えられるんです。心臓破りの坂を6年間、月曜から土曜まで毎日、通わなければならないんですから」

 栄光学園はJR大船駅から徒歩15分。最初は平坦だが、途中から坂になり、10分近く、ひたすら登らなければならないのだ。勾配がきつく、かなり足腰にくる。バスもあるのだが、生徒たちは駅から徒歩で通学するのが原則になっている。

 ところが今春は、全長25㍍の巨大な大船観音の下を栄光学園生徒がゾロゾロと登っていく朝のいつもの光景がなかなか見られなかった。新型コロナウイルスの影響で休校を余儀なくされたからだ。6月3日、分散登校・短縮授業の形で、ようやく新学期が始まった。7月6日からは通常の形に戻る予定になっている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方