高畑充希のにじいろカルテで扱う「多発性筋炎」どんな病?

公開日: 更新日:

「太ももや二の腕、首など胴体に近い部分の筋肉に起こるケースが多いです。また、筋肉の症状と同時に、赤い発疹がまぶたにできてむくんだり、手の指や肘、膝などが赤くカサカサになったり、寒い時季に手足の指先が白くなるといった特徴的な皮膚炎の症状が表れるケースも。これらの皮膚症状を皮膚筋炎と呼びます」(〆谷医師=以下同)

 血液検査で病気の経過や治療反応を予測できる。治療の基本は副腎皮質ステロイド。病状によって必要量は異なり、免疫抑制剤や免疫グロブリン大量療法の併用が必要な患者もいる。皮膚筋炎ではがんの合併もよく見られるため、病状が落ち着いた後も定期的に検査を行う。

 ドラマでは、高畑演じる真空が「今の医学では完治する手だてがありません」「免疫が落ちるにつれて、肺炎とか合併症を起こして亡くなってしまう可能性のある病気」「5年生存率は60%から80%くらい」と号泣するシーンがあるが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る