500円で始める家庭菜園 園芸研究家はたあきひろ氏が指南

公開日: 更新日:

 もうすぐ春です。私にとっては、待ちに待ったガーデニングシーズン到来でもあります。ガーデニング未経験の人も、2021年こそはプランターで野菜を育ててみませんか? 面白いですよ~私は小学3年生から40年以上やっていますが、ちっとも飽きませんからね。今回は、プランター栽培の魅力と注意点について書いてみます。

 ◇  ◇  ◇

▼魅力① 100円ショップがあれば、すぐにスタートできる!

 プランター栽培なら、今や100円ショップで全ての資材が揃っちゃうんです。

▼魅力② ちょっとしたスペースでも大丈夫!

 小さなスペースでも大丈夫です。ベランダ以外にも日当たりが確保できれば、玄関先も良いですね。

▼魅力③ 日常の管理が簡単!

 ベランダや玄関先など、とにかく日常生活の身近にプランターを置けば、基本的には朝夕2回の水やりだけでOK! 楽チンです。

▼魅力④ 虫嫌いの方も大丈夫! さらに無農薬栽培がしやすい!

 プランター栽培だと、全体を防虫ネットですっぽり覆えちゃうので、野菜を害虫から守ることがカンタンです。

▼魅力⑤ 力仕事がいらない

 地面に植えるとなると、耕す、畝を作るなど、結構、土地と格闘することになります。けれど、プランター栽培ならその必要がありません。撤去だってカンタンですしね。

▼注意点

・隣家、階下の住人への配慮も必要です。
・水やり…マンションなどは階下に水が漏れないよう気をつけましょう。
・肥料…近所の人に配慮して、匂いの少ない肥料を選びます。
 ※有機肥料なら「粉末の醗酵油かす」がおすすめです。
・避難隔壁や非常用ハッチ…常に緊急時を考慮して、プランターなどで塞がないようにします。

▽はた・あきひろ 奈良市で家族5人分のお米と野菜をつくり自給生活を送る。NHKテレビ「ぐるっと関西 おひるまえ」では毎月出演中。著書「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」など。YouTubeでも野菜づくり動画を配信中。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る