池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

「007」ボンドが愛したニット エヌピールを着て公開を待つ

公開日: 更新日:

「007ジェームズ・ボンド」と聞いて、役者は誰を思い浮かべるだろうか。第1作から7作まで(第6作を除く)を務めたのは昨年亡くなったショーン・コネリーだ。かっぷくが良く、骨太な印象で、古い映画の「銀幕スター」という印象の名優であった。

 筆者にリアリティーがあるのはロジャー・ムーアで、ロードショーで見たボンドは甘いマスクの美男子だった。キザでニヒルなモテ男は、70年代から80年代の男たちの憧れを具現化したものであろう。

 近年のダニエル・クレイグはどちらかというと言葉少ないクールな男で淡々とマシンのように任務をこなすイメージだが、ファッションは最新のモードをまとっていて、それまでの頑固一徹クラシックなボンド像を改革したといっていい。

 ショーン・コネリー時代のボンドはサヴィル・ロウのテーラー仕立てという設定でアンソニー・シンクレアが担当した。しかし当時は最新でも、今見ると少々古くさいのは否めない。ロジャー・ムーアのスーツはイタリアメードで、甘いマスクの彼にふさわしい装いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る