石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校・ユーザーエクスペリエンス(UX)担当講師。テクノロジー系勉強会・湯川塾事務局。「AI新聞」副編集長。新宿・歌舞伎町でバーテンダーもしている。

広報スキルを生かして副業だった漁業関係の仕事を本業に

公開日: 更新日:

中川めぐみさん(38歳)

【元の本業=IT系ベンチャー広報 副業=釣り・漁業×地域活性】

 ◇  ◇  ◇

 水産、畜産、林業、農業などの第1次産業にはWebなど新しいテクノロジーが導入されて変化が起きている。最近は地域の行政や企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する人材を副業で募集するケースもある。

 今回は広報のスキルを生かしながら、好きな漁業関係の仕事を副業から本業にした中川めぐみさんに話を聞いた。

 中川さんのキャリアから伺った。

「大学卒業後、大手製薬会社を経て、2012年にGREE(グリー)というソーシャルゲームなどを提供する総合インターネット企業に転職し、新規事業開発を担う部署に配属されました。グリーは当時、『釣り★スタ』というゲームに力を入れていたのですが、ゲームの領域からリアルな釣りに関連して何かできないかと考え始めたのが漁業に関わったきっかけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る