NZ沖でM8.1の大地震 日本は津波被害の恐れなしと気象庁

公開日: 更新日:

 米国地質調査所によると、ニュージーランド北方のケルマディック諸島で5日午前8時28分(日本時間同4時28分)、マグニチュード(M)8.1の大きな地震があった。これを受け同国や周辺国に津波警報が発令された。

 同調査所の解析では、地震はニュージーランド本土の約1000キロ沖で発生。震源の深さは約20キロ。津波が発生しやすい逆断層型の地震と推定されるという。日本の気象庁の震度階級に換算すると、震度5強程度の揺れに相当する。

 これに先立ち現地時間5日未明以降、ケルマディック諸島でM7.4、ニュージーランド北島の東部沖でもM7.3の地震があった。

 太平洋津波警報センターは、ケルマディック諸島のほかにバヌアツやニューカレドニアでも最大3メートル以上の津波が発生する恐れがあり、日本やロシア、メキシコ、南米沿岸でもより小規模な津波が到達する可能性があると警告していたが、気象庁が5日午前、今回の地震による日本への津波の影響について、「若干の海面変動はあるかもしれないが、被害の心配はない」と発表した。

 ニュージーランド防災当局は、北島の沿岸一帯には避難命令を発令。沿岸住民には「直ちに高台やできるだけ内陸に避難するように」との指示が出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る