超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

公開日: 更新日:

 多くの男性は一瞬でも「超人ハルク」のようになりたいと思ったことがあるかもしれない。

 ロシア南西部ピャチゴルスク市在住のキリル・テレシンさん(24)はその夢をかなえるため、20歳の時からワセリンを両腕に注入し始めた。すでに世界中のメディアに登場し、「ロシアン・ポパイ」という愛称でも親しまれている。

 だが片腕にそれぞれ3リットルずつのワセリンを注入したことで、数年前から筋肉組織が壊死し始め、高熱や激痛、さらに腕の変形などに苦しめられるようになった。ワセリンは石灰化して硬くなり、すでに数回の摘出手術を受けている。

 テレシンさんは今週、ロシアのメディアに「もう腕の内部は感覚がない部分もあります。20歳の時の自分がアホでした」と、ワセリン注入を後悔する。

 今でも事態は深刻で、腕の切断の危険性は消えていない。今年中に再び残ったワセリンの摘出手術をするという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る