神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

インスタント食品のルーツも江戸 最初は「納豆汁セット」

公開日: 更新日:

「サッポロ一番」が相変わらず好調なようだ。日本人はインスタントラーメンが大好きである。昭和30年代に登場したとき、数年で300社が参入し、年間の売り上げが1億食に達したという。

 インスタントも含め、手軽という言葉に弱い。ちなみに日本にはマクドナルドが3000店舗近くある。アメリカ以外ではこの店舗数はない。イタリアでもフランスでもドイツでも1500店舗以下である。これはヨーロッパがチップ社会で、自分で料理を取りに行く形態が不都合だったからだ。

 日本人がマクドナルドに抵抗がなかったのは、「慳貪そば」や「寿司」に由来しているだろう。今の立ち食いそばの原型である「慳貪そば」も、持ち帰りが主流だった寿司も、マクドナルドに近い。

 日本人は手軽ということに対して情熱があるのだ。インスタント食品というのはもともと江戸時代から始まる。一番初めが「納豆汁セット」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る