「イーサ」が注目される2つの理由 脱炭素対応とDeFiの存在

公開日: 更新日:

仮想通貨(1)

 価格の乱高下が続き、仮想通貨(暗号通貨)の行方が気になるところだ。今回からビットコインをはじめとする仮想通貨の最新事情を紹介しよう。

 仮想通貨の中では、時価総額などでビットコインがダントツだが、最近2位のイーサ(イーサリアム)がその地位を脅かそうとしている。主な理由は2だ。

 一つはDeFi(分散型金融)の存在。DeFiサービスを利用すると、これまでのように銀行などの管理者を通さずに金融取引が可能になるという。送金もその一つだ。これまでのように銀行を介するサービスでは、①銀行の休業日には利用できない、②口座をハッキングされる恐れがある、などの問題があった。DeFiサービスを利用すると、そうしたデメリットが解消できる。そしてDeFiサービスの多くがイーサリアムのブロックチェーン上に構築されている。それがビットコインとの違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る