SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

ライバーの収入は月7~8万円! 稼げる人と淘汰される人の「境界線」

公開日: 更新日:

 コロナ禍をきっかけに、その市場を急激に伸ばしているのが「ライブ配信」だ。現在、日本市場で最もユーザーが多いアプリ「17LIVE」では、2020年12月の認証ライバー数が前年比188%の3万2000人に増えた。

 そのためライバー同士の競争も激化し、今や「ライバーで稼ぐ」というのは簡単なことではない。ライバー事務所「ライバージャパン」の代表で自らライバーとして活動し、古舘プロジェクトに所属するタレントでもある心之介。氏(37)に話を聞いた。

「ライブ配信はツールこそデジタルですが、そこに集う人たちは『人とのつながり』や『心のやりとり』といったアナログなものを求めています。ギフト(投げ銭)を投げる人たちのモチベーションの多くは『自分の存在意義』のため。もちろん純粋に『喜んでもらいたい』と思う方もいますが、例えばその配信枠に居心地の良さを感じていたら、その居場所への意義に対してギフトを投げますし、応援しているライバーへたくさんギフトを投げて、イベントのランキング上位に押し上げ、感謝されることで自分の存在意義を感じることができるようにする。そうしたもろもろの意味を含めて『自分の存在意義』を感じられることに投げ銭を投げるのです」

 ただ、クオリティーの高いものを提供すれば多くのギフトが集まるかといえばそうではないという。そこがYouTubeのスーパーチャットやTikTokなどと大きく違う点だ。

距離が近すぎるが故、トラブルになることも

「コロナ禍以後、リアルイベントができなくなったイベント会社や、芸能事務所からのオファーが一気に増えましたが、そういったプロとして活動してきたライバーが、最初の壁としてぶち当たるのは『質やクオリティーにこだわりすぎる』こと。プロ感がハードルになり得てしまうのがライブ配信の難しさでもあります。ライバーの母数が増えた今、話すことが上手な人よりも聞き上手な人が伸びやすくなってきたと感じます」

 3カ月~半年間で月7万~8万円の収益が上げられるようになるとライブが継続される傾向にあるというが、頑張って長時間配信したからといってギフトに反映されるわけではない。他のライバーとの横のつながりをつくり、双方の配信に来る人を増やしてギフトにつなげるなど地道な努力を続けるのがコツだという。ライバーはリスナーとの距離の近さも魅力だが、そこに落とし穴も存在する。

「リードギフターと呼ばれる、その枠で最も多くギフトを投げている人がいることで逆にその枠が荒れたり、ライバーがやりにくくなって悩んだりということも多々あります。距離が近すぎるが故に、痴情のもつれにつながりやすいというリスクも存在しています」

 コロナ禍で需要を一気に伸ばしたライブ配信。これからは“良質な心の居場所”を提供できるライバーが生き残れる淘汰の流れへと進みそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」