藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

「四国アフターDC満喫きっぷ」「たび西条宿泊キャッシュバックキャンペーン」で触れたお遍路事情

公開日: 更新日:

 コロナの第7波襲来で見送られたGoTo再開。これを心待ちにしていた方々はさぞ落胆されたと思う。

 それでもブロック割の恩恵にあずかれる県民の皆さんはまだマシな方で、どこからもつまはじきにされている東京都民なぞ、極めて範囲の狭い「都民割」の復活を待ちつつ、夏をうっちゃる他ないように思われる。

 とはいえ、中には全国を対象にした自治体割を講じる例もあり、西条市の「たび西条宿泊キャッシュバックキャンペーン」は、個人旅行者なら上限1000円の宿泊費補助と上限3000円の飲食費補助等を受けられる。

 私は四国なら4月に「バースディきっぷ」で一巡りしたばかりだが、6月末まではJR四国・土佐くろしお鉄道に3日間特急含め乗り放題の「四国アフターDC満喫きっぷ」を発売していたこともあり、大阪へ出たついでに足を伸ばした。

特急うずしお、特急いしづちと乗り継いで西へ

 6月19日、いつもなら南海電車「好きっぷ」を使うところ、フェリーの点検期間と重なったため、今回は初めて明石海峡大橋を渡るバスを利用し淡路島経由で徳島へ。

 駅で四国アフターDC満喫きっぷ1万1000円を求めた後、13時23分発の特急うずしお16号に乗り、大河ドラマでは素通りされて話題になった屋島を眺めつつ高松へ、さらに特急いしづち17号に乗り継いで西へ向かう。

 伊予西条では四国鉄道文化館が目に入ったものの、今晩の宿はもうひとつ先の壬生川にとっており、17時32分に到着した。

1泊3000円の格安宿でお遍路事情を聞く

 宿は1泊3000円と格安で、元気のよい女将さんが切り盛りする。

 夕食800円、朝食400円であつらえて貰える食事は、お遍路に詳しい同宿の方と一緒にとり、すぐ近くに「遍路ころがし」の難所横峰寺があることや、以前は多くの外国人巡礼者が泊まったこと、さらには海外の巡礼路等、汽車旅派にはあまり接点のないお遍路事情についてあれこれ話を伺えた。

 5月9日に始まった本キャンペーンは7月1日付で内容が更新されたから、まだ続くとみてよいだろう。とはいえコロナの状況次第では中止の判断もあるそうなので、最新動向をよく確かめてから訪れるようにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声