髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

児童や生徒と教師との「私的やりとり」禁止…置き去りにされる子供たちが心配

公開日: 更新日:

 熱血教師のドラマやマンガが昔はいっぱいありました。僕も子供のころから楽しんだファンの一人です。しかし今後は、熱血先生が生徒の私生活にまで介入して、不良生徒を更生させるようなドラマは生まれないかもしれません。

 児童や生徒との“不適切な関係”が相次ぐ広島県で、教員に対する「厳しい」懲戒処分の指針が今月定められ、来月1日から施行になる見込みです。高校の男性教員が、前任校の教え子(少女)と連絡を取り、わいせつ行為を行ったとして逮捕されるなど、広島県では教員によるわいせつ関連の不祥事が今年8件もあり、過去10年で最多となっているとのことです。

 令和3年に「教育職員等による児童生徒性暴力等の防止等に関する法律」が成立し、児童生徒と「私的なやりとり」を禁止する通知が行われたばかり。そのような規制強化の直後に広島県で事件などが連発したため、今回の「懲戒処分の指針」の一部改正に至ったのだと思われます。新たに懲戒処分(戒告)の内容となったのは、電子メールやSNSでの「私的なやりとり」と、所属長の承認なく自家用車に児童生徒を「同乗」させる行為の禁止です。過去の教員と生徒との不適切な関係において、電子メールやSNSが「私的なやりとり」のきっかけになったこと、また自家用車に生徒を同乗させ、閉じた空間で一対一になることが恋愛関係やわいせつ行為のきっかけや場所の提供となったことなどから規制になったのだと思われます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声