コロナ第7波は新規感染横ばいも死者続出のナゼ…専門家が原因分析「今後も増える」と指摘

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス第7波による1日あたりの死者数が、過去最多だった第6波に迫りつつある。全国の新規陽性者数は、ほぼ横ばいの状況だが、これから死者数の増加が懸念される。

■連日200人突破

 現在の重症者数は614人(15日時点)。第6波ピーク時の4割程度にとどまっている。一方、死者数は第6波ピーク時の236人(1週間平均)に対し、第7波は15日までの直近1週間で平均220人。現時点の死者数は、第6波ピーク時の9割を超える。重症者は低く抑えられているものの、死者は連日200人を超える心配な状況だ。

 厚労省アドバイザリーボードの脇田座長は死者数について「第6波を上回る可能性がある」と警戒感を強めている。重症者数が少なければ、死者数も低く抑えられそうなものだが、一体、なぜコロナ死者が続出しているのか。昭和大医学部客員教授の二木芳人氏(臨床感染症学)がこう言う。

「新規感染者のうち軽症者が大半を占めるとはいえ、感染急拡大で医療提供体制が逼迫しているため、重症化リスクの高い高齢者すら適切な治療につながりにくい。結局のところ、医療崩壊が死者増加につながっている。致命率(致死率)は第6波の0.17%に対し、第7波が現時点で0.07%程度です。第6波を超える死者が出てしまうのか、死者数のピークアウトがいつか、予断を許しません。感染者が若年層から高齢者へとシフトしていることを踏まえると、ここ1~2週間で死者が増えてくる可能性は高いと思います」

■「政府の想定の甘さ、準備不足が根本的な原因」

 全国の病床使用率は10日時点で平均59%。60%以上の地域は19府県に上る。

「政府は経済活動を最優先し、感染拡大を事実上、野放しにしました。『感染拡大やむなし』との立場を取るなら、せめて医療提供体制の構築が絶対条件。どんな感染拡大にも耐えうる体制を構築しなければなりませんでした。医療従事者へのワクチンの追加接種も遅れ、医療現場での感染拡大と人員不足を招いてしまった。政府の想定の甘さ、準備不足が、死者増加の根本的な原因なのです」(二木芳人氏)

 オミクロン株はインフルエンザよりも致死率が高いと考えられる。死者数のピークアウトはまだ先になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報