愛するペットのがんに 効能外治療のインターフェロンに託す手も

公開日: 更新日:

 ペットもヒトと同じように高齢化していて、がんができやすくなっています。その治療もヒトと同じで、手術で腫瘍を切除するか、抗がん剤で腫瘍を叩くか。2次診療施設には、放射線設備を備えているところもあります。

 そんな確立された治療が行われるのは実は最近のことで、10年ほど前だと学会や学術誌、勉強会などでの情報共有によって、効能が認められていない治療法でも、期待できる可能性があれば効能外治療として行われることもありました。

 獣医師の世界でもコンプライアンスの考え方が広がり、飼い主さんの了承があっても、効能外治療の効果が不十分だったり、悪化したりすると、訴訟リスクがあることから効能外治療は一見すると減りつつあります。

 しかし、そんな効能外治療の中には、日本では未承認でも、世界では承認されているものもあって、ヒトと同じくドラッグラグの側面も否定できません。そういう薬剤や治療法については、日本でも飼い主さんが獣医師の説明に納得すれば、試す価値はあるかもしれません。

 その一つが、インターフェロンです。インターキャットとインタードッグの2種類ありましたが、ドッグは競合薬との関係で昨年9月に終売で、キャットのみになっています。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント