ペットのがん手術どうする? 適切な選択肢の提案で飼い主の決断をサポート

公開日: 更新日:

 ネコちゃんもワンちゃんも、さまざまな理由で口の中が腫れることがあります。

 17歳のネコちゃんもそんな症状で、昨年初診に訪れた飼い主さんは「顎が腫れてエサを食べにくそうで」とおっしゃいました。

 口を診察すると、患部は波紋状に広がった組織が認められ、歯の神経を圧迫して痛みがあり、歯肉は本来の硬さを失って脆弱に。独特の臭いもありました。

 これらの症状から疑われるのは、皮膚がんの一種、進行した悪性のメラノーマです。

 一般に良性の腫れは、エプーリスと呼ばれるイボや歯肉炎由来の感染による粘膜の肥厚で、消毒などを徹底して患部を清潔にすれば治療せず問題ないことがほとんど。悪性との鑑別はそれほど難しくありません。

■セオリーは麻酔下で、丸ごと切除だけれど…

 今回のような悪性腫瘍が大きくなると、舌の動きや咀嚼を障害し、生活に支障が出ます。転移のリスクもあるため、セオリーとしては麻酔下で大きくなる前の丸ごと切除です。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方