野良ではないのに? 薬塗布済みの購入猫に耳ダニが発生したケース

公開日: 更新日:

 ワンちゃんやネコちゃんが、耳をかゆがって脚でかくことがあります。多くはマラセチア菌などカビの仲間が寄生したもので、ネコちゃんでは保護されたケースがほとんどです。ところが、先日、初診の飼い主さんがブリーダーから購入した10カ月の愛猫を連れて来られました。

「別の病院でもらった外耳炎の薬を使ってもよくならなくて……」

 この菌は湿気で増殖するのが特徴で、診察すると確かにそれらしき色や臭いでしたが、かゆがり方と耳道のただれが、異なるように思われたので外耳炎のときに耳ダニがいなかったか確認したところ、「いません」とのこと。それでも耳ダニを疑い、耳アカを顕微鏡で確認すると、案の定、とんでもない数の耳ダニが寄生していたのです。

 耳ダニはヒゼンダニで、野外で活動する動物たちの生活環境に潜んでいます。ワンちゃんやネコちゃんがそういうところの土や草木に触れると、体表の皮や皮膚を食べながら成長しますが、ブリーダーが販売していたケースで耳ダニの寄生は少なくなりました。

 では、今回のケースはなぜか。実はフィラリアを含む線虫や外部寄生虫を予防、駆除する薬の登場と関係しています。薬剤名はセラメクチンで、商品名は「レボリューション」「エビクト」など。犬にも猫にも使われます。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方