米国で狂犬病のキツネが4歳児を襲う事故…死に物狂いで守ったのは母親だった

公開日: 更新日:

 米ニューハンプシャー州ホリスで5月12日、狂犬病のキツネに4歳児が噛まれ、母親がそのキツネを力ずくで押さえつけ、駆けつけた警察官に引き渡した。

 死に物狂いで子供を守った母親の身元は明らかにされていないが、ホリス市警によると、「噛みつき事故」が起きたのは午後3時30分ごろ。母親がキツネを押さえつけているところに駆けつけた警察官は、キツネの状態からすぐに狂犬病と判断。その場で安楽死させた。

 死骸は同州自然保護局の職員らが引き取り、その後の検査で狂犬病だったことが確認された。

 母子はすぐに病院に搬送され、必要な治療を受けた。幸い、狂犬病を発病することなく回復するという。米疾病対策センター(CDC)によると、狂犬病は中枢神経系に影響を与えるウイルス性疾患で、ヒトが噛まれた場合、症状が出る前に治療しなければ致命的だという。

 キツネを安楽死させたことについては、驚いたことに批判も出ているという。

 同市警のブレンダン・ラフラム警察署長は16日に声明を発表し、「警察官は迅速かつ専門的に行動し、現場の安全を確保しました。その結果、4歳児はすぐに必要な治療が受けられ、被害も拡大せず、キツネの苦痛も終わったのです」と部下の行動を断固、擁護した。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代