米コロラド州で奇妙な発砲事件…拳銃で胸元に被弾しても軽傷だった理由

公開日: 更新日:

 神のご加護か、超ラッキーか--米コロラド州で起きた奇妙な発砲事件が話題になっている。

 同州デンバー郊外のコマースシティーで5月28日夜、2人の男が口論になり、片方が22口径の拳銃を発砲、弾は相手の胸元に命中した。被害者は倒れ、撃った男はその場で逮捕されたが……なぜか被害者は胸元にごく小さな穴が開いただけで、軽傷。

 なんと弾は男性が着けていた金属製のネックレスに命中していた!

 コマースシティー警察はフェイスブックに、被弾して変形し、血痕が付いたネックレスの写真と事件の概要を説明した記事を投稿した。

 撃った男はその後、リチャード・ヒルマンという名前であることが判明。殺人未遂の罪で起訴された。

 ネックレスの素材は何かまだ分かっていないが、警察は純銀ではないと考えている。純銀は軟らかい素材なので、弾丸を止めることはできなかっただろうとしたうえで、「模造品を購入する時には、熟慮したほうがいいかもしれない」と冗談交じりに記している。そして「とにかく信じがたい」と結論付けている。

 記事にはこんなコメントもつけられていた。

「被害者は今、ついているんだよ。宝くじを買うべきだ」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方