著者のコラム一覧
多賀一晃生活家電.com主宰

大手メーカーで商品開発、企画を担当後に独立。「生活家電.com」主宰。

(57)シャープやパナソニックのオートクッカーは撹拌羽付き! 最新家電で上手にダイエット

公開日: 更新日:

 今、パナソニックはいろいろな新しいことに挑戦しています。神奈川県藤沢市を中心にした「ハックツ!」もそのひとつ。湘南地区でポテンシャルがあるものを発掘、才能やアイデアがある人に力を貸して地域を活性化しているのです。

 そのひとつが、スローカーボ・ラボ代表で管理栄養士の原奈美さんが提案する「最新家電でダイエット」です。

 原さんは糖尿病療養指導士で年間カウンセリングは800件超。栄養管理の必要性は糖尿病患者に限りません。高齢者でも健康に過ごすためには肥満は厳禁です。そのための施策が「最新家電でダイエット」なのです。カロリーコントロールされたダイエット食を最新家電で手軽に作ろうというのがその趣旨です。

 売られている加工食品には、調味料以外にも食品添加物が多く含まれています。添加物種や量のコントロールができない加工食品はダイエットのためにはできる限り避けたいもの。

 原さんによると、ダイエットの主な失敗理由は、①SNS情報を重視し、自分に合わない方法を実践していた②食事分析が不十分なため太る原因の炭水化物は制御していたものの脂質が多い食材を食べていた③食事メニューは良くても、おいしくなかったり、子どもの食事を作った挙げ句に自分の食事まで手が回らなかった、などだそう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差