“京都の毒婦”も相談所通い 男を食い殺すカマキリ女の特徴

公開日: 更新日:

 夫を青酸化合物で殺害したとして逮捕され、周辺で計7人もの男性が死亡している筧千佐子容疑者(67)。亡くなった勇夫さん(当時75)とは結婚相談所を通じて結婚。その後も10カ所以上の結婚相談所に登録していた。結婚相談所に登録するのも命がけの時代だ。

 大手結婚情報サイト「婚活・結婚おうえんネット」によると、いま、65歳以上のシニア世代の結婚は活況を呈しているという。同社は全国15カ所の結婚相談所と提携。毎月800~1000件の入会の問い合わせがあり、その3分の1が55歳以上で、女性が55%、男性が45%だ。

「シニア世代の男性会員は65歳から90歳代までいらっしゃいます。奥さまと別れて一人暮らしをし、子供に面倒をかけたくないという理由でパートナーを求める方が多いようです」(同社コンサルタントの金子彩也香さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る