• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト青木理さん<中>メディアの相互批判はいいが「国賊」は言ってはならない

二木 メディアの在り方について著書で批判されていますね。

青木 最近強く思うのは、僕らの世界で当たり前だと思っていたことが、軒並み当たり前ではないようにされてしまった。とくに今回の朝日問題です。メディアの相互批判はいいけど、“国賊”だとか“国益を損ねる”とは言わないでしょう。僕らの仕事は常に国益を損ねるわけですから。安倍政権を批判すれば、短期的には損ねるかもしれない。社会の問題点を書けば日本の恥をさらすことになる。しかし、長期的にはそうした報道によって問題を顕在化させ、改善していくわけです。それがメディアの役割です。

二木 朝日問題でいうと、「吉田調書」の対応も問題ですね。

青木 見出しがオーバーランしているということで「吉田調書」そのものが取り消されてしまうなんて、どう考えてもおかしい。それに対してメディアもその周辺も誰も文句を言わない。こんなこともありました。私は新聞労連のジャーナリズム大賞の選考委員をしているのですが、特別賞を「吉田調書」報道にしたのです。書き方にはいろいろ議論があるけれども、調書を入手して明るみに出したのは間違いなく一番のスクープです。そこで全会一致で決めたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る