二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ゲスト青木理さん<中>メディアの相互批判はいいが「国賊」は言ってはならない

公開日: 更新日:

二木 全会一致とは興味深い。

青木 ところが結構、抗議が来ました。ある大学院生は“国家が秘密を持つのは当然。いたずらに暴き、変な見出しを付けて世の中を混乱させた。なんて思いあがっているんだ”という内容でした。リベラルだという印象を持っていた大学院生がそういう発想を持っているんですよ。あと、朝日の会見で(朝日側から)“角度をつける”という発言が出たのです。ネタをどういう角度で斬るかということで、僕らからすれば当たり前。それに対してネット記者が“角度をつけるってあり得るんですか。事実は事実として報道するのが当然じゃないですか”と言うわけです。メディアの中で当たり前だとされていることが軒並み異常だとされて、誰も文句を言わない。ひどい状態だと思います。

二木 昨年、雑誌「世界」で池上彰さんと対談したとき、池上さんが“メディアが国益を損ねたと書き始めたらほとんど終わる”と言ったんです。気骨ある人だと思いましたね。さっきの大学院生の抗議というのは、特定秘密保護法を下から支える背景になっているなと思いますね。メディアが自由にものが言える天井がどんどん下がってきている気がします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  7. 7

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    松坂桃李ピカ一のポンコツ男 地で行くダサさに∞の可能性

  10. 10

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

もっと見る