現実的な対応に進むのか、条例化に走るのか

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪に向けた取り組みの一環である「東京都受動喫煙防止対策検討会」は、全5回のうち4回が終了した。2月12日に行われた4回目の会合には、青木剛・日本オリンピック委員会副会長も出席するなか、主婦連合会と日本旅行業協会の担当者が意見陳述を行った。

 主婦連の担当者は、「最終的に目指すべき状態は、すべての屋内の職場とすべての公衆の集まる場所の禁煙であること」を明確にしてほしいと主張。その施策実現のために条例化を求めた。過渡的には、飲食店などで喫煙、分煙、禁煙に分かれることが想定されるが、「消費者が選択できる権利の行使確保が重要」と指摘した。

 日本旅行業協会は、旅行客への案内などの現状の取り組みを説明。喫煙に対する規制の全国統一、喫煙可能場所の増設、分煙のさらなる促進(補助金の柔軟な運用)を要望した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る