目指すべきは禁煙五輪ではなく共存の分煙社会

公開日:  更新日:

 6回に及んだ検討会の提言はまとまったが、問題はこれからだ。提言内容を東京都はどう具体化し、実行していくのか。2020年までの工程表作り、2018年までの条例化の検討――。検討会でも議論がかみ合わなかった問題だけに、紆余曲折が予想される。

 そうした中で、懸念されるのが条例制定に躍起だった推進派の反撃だ。メディアは触れていないが、検討会の最終回、ちょっとしたハプニングがあった。12人の委員のうち、条例化に最も強く反対していた委員が3月31日付で辞任していたのだ。座長が提言内容に意見を求めても沈黙が続いた。やがて推進派の委員が「満足のいくものではない」と感想を漏らす。すると、同調する声が続いた。

「責任を全うせずにお辞めになった方の意見は削除してもいいのではないか」「そもそも委員の選定が誤っていた」

 罰則付き条例化の判断が盛り込まれなかったことに、推進派はやりきれない様子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る