客離れ深刻…デパート店員も不安な百貨店の「爆買い依存」

公開日:  更新日:

「『爆買いでまだまだいける』と楽観的な上司を見ていると、大丈夫なのかな? と不安になります」――都内の30代女性デパート店員はそう漏らす。

 前年比0.2%マイナス。日本百貨店協会が18日に発表した全国百貨店の昨年の売上高は6兆1742億円と、4年ぶりに前年を下回った。

 一方、訪日外国人客数は2.6倍の約250万人、売上高も2.6倍の約1944億円とインバウンドは絶好調……といえば聞こえはいいが、全体ではマイナス、要するに「爆買い」頼みというわけだ。

 売り上げ好調なのは、化粧品(前年比12.5%増)や美術・宝飾・貴金属(同8.0%増)で、いずれもリッチな外国人相手のもの。

「暖冬のせいもありますが、主力の衣料品は振るわず、とりわけ婦人服は4%もマイナスです。爆買いブームの裏で、国内の中流以上のOL層、主婦層の百貨店離れがどんどん進んでいる。今の百貨店業界は行列ができる飲食店と同じ構図です。雑誌に掲載され、急に行列ができると、そのせいで常連客は離れていってしまう。ブームが去ったら閑古鳥……。百貨店も品ぞろえなどで他店と差別化を図るなど、地道な努力でOLや主婦をつなぎ留めておかないと、いずれしっぺ返しを食らいますよ」(大手百貨店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る