• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

客離れ深刻…デパート店員も不安な百貨店の「爆買い依存」

「『爆買いでまだまだいける』と楽観的な上司を見ていると、大丈夫なのかな? と不安になります」――都内の30代女性デパート店員はそう漏らす。

 前年比0.2%マイナス。日本百貨店協会が18日に発表した全国百貨店の昨年の売上高は6兆1742億円と、4年ぶりに前年を下回った。

 一方、訪日外国人客数は2.6倍の約250万人、売上高も2.6倍の約1944億円とインバウンドは絶好調……といえば聞こえはいいが、全体ではマイナス、要するに「爆買い」頼みというわけだ。

 売り上げ好調なのは、化粧品(前年比12.5%増)や美術・宝飾・貴金属(同8.0%増)で、いずれもリッチな外国人相手のもの。

「暖冬のせいもありますが、主力の衣料品は振るわず、とりわけ婦人服は4%もマイナスです。爆買いブームの裏で、国内の中流以上のOL層、主婦層の百貨店離れがどんどん進んでいる。今の百貨店業界は行列ができる飲食店と同じ構図です。雑誌に掲載され、急に行列ができると、そのせいで常連客は離れていってしまう。ブームが去ったら閑古鳥……。百貨店も品ぞろえなどで他店と差別化を図るなど、地道な努力でOLや主婦をつなぎ留めておかないと、いずれしっぺ返しを食らいますよ」(大手百貨店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る