客離れ深刻…デパート店員も不安な百貨店の「爆買い依存」

公開日: 更新日:

「『爆買いでまだまだいける』と楽観的な上司を見ていると、大丈夫なのかな? と不安になります」――都内の30代女性デパート店員はそう漏らす。

 前年比0.2%マイナス。日本百貨店協会が18日に発表した全国百貨店の昨年の売上高は6兆1742億円と、4年ぶりに前年を下回った。

 一方、訪日外国人客数は2.6倍の約250万人、売上高も2.6倍の約1944億円とインバウンドは絶好調……といえば聞こえはいいが、全体ではマイナス、要するに「爆買い」頼みというわけだ。

 売り上げ好調なのは、化粧品(前年比12.5%増)や美術・宝飾・貴金属(同8.0%増)で、いずれもリッチな外国人相手のもの。

「暖冬のせいもありますが、主力の衣料品は振るわず、とりわけ婦人服は4%もマイナスです。爆買いブームの裏で、国内の中流以上のOL層、主婦層の百貨店離れがどんどん進んでいる。今の百貨店業界は行列ができる飲食店と同じ構図です。雑誌に掲載され、急に行列ができると、そのせいで常連客は離れていってしまう。ブームが去ったら閑古鳥……。百貨店も品ぞろえなどで他店と差別化を図るなど、地道な努力でOLや主婦をつなぎ留めておかないと、いずれしっぺ返しを食らいますよ」(大手百貨店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る