日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
叶井俊太郎
著者のコラム一覧
叶井俊太郎映画宣伝プロデューサー

1967年、東京都生まれ。ラジオ局のADを経て入社した洋画配給会社「アルバトロスフィルム」で「アメリ」(2001年公開)を買い付け、興行収入16億円の大ヒットに。その後、独立し会社を設立するも失敗。現在は映画配給会社「レスペ」の宣伝プロデューサー。コラムニストとしても活躍中。妻は漫画家の倉田真由美さん。

仕事も恋愛も 嫌われても断られても自分を信じて諦めない

叶井俊太郎さん(C)日刊ゲンダイ

 叶井さんは映画会社の宣伝マンだ。メディアやPR会社の人間に会って、「うちの映画をよろしく」と腰を低くして頼み込む立場である。メディアやPR関係の女子には、海外の大学を出たバイリンガルもいる。何十倍もの競争率を勝ち抜いて入社したのもいる。彼女たちはエリートだから、どちらかといえば…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事