叶井俊太郎
著者のコラム一覧
叶井俊太郎映画宣伝プロデューサー

1967年、東京都生まれ。ラジオ局のADを経て入社した洋画配給会社「アルバトロスフィルム」で「アメリ」(2001年公開)を買い付け、興行収入16億円の大ヒットに。その後、独立し会社を設立するも失敗。現在は映画配給会社「レスペ」の宣伝プロデューサー。コラムニストとしても活躍中。妻は漫画家の倉田真由美さん。

ハワイで200人をいただいたバイタリティーのヒミツ

公開日:  更新日:
叶井俊太郎さん(C)日刊ゲンダイ

 叶井さんは、拒否されても絶対にめげないし、落ち込まない。20歳の誕生日、彼は六本木のディスコでパーティーを開いた。当時交際していた15人の女性が鉢合わせて修羅場になってしまったが、彼はその場を脱出すると、女性たちをほったらかしにして、さっさとハワイへ逃亡した。そして、新天地でも…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る