叶井俊太郎
著者のコラム一覧
叶井俊太郎映画宣伝プロデューサー

1967年、東京都生まれ。ラジオ局のADを経て入社した洋画配給会社「アルバトロスフィルム」で「アメリ」(2001年公開)を買い付け、興行収入16億円の大ヒットに。その後、独立し会社を設立するも失敗。現在は映画配給会社「レスペ」の宣伝プロデューサー。コラムニストとしても活躍中。妻は漫画家の倉田真由美さん。

アドリブで使えるように”安いセリフ”を頭に入れておく

公開日: 更新日:
叶井俊太郎氏(C)日刊ゲンダイ

 大勢の前で企画や商品をプレゼンする時は誰でも緊張する。入念に準備をしリハーサルをやっても、本番ではなかなかうまくいかない。

 古今の名優だって、舞台の上でセリフを忘れることがあるのだから、素人のビジネスマンが「リハーサル通りセリフをしゃべる」ことは…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る