• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腹上死」は心疾患が6割を占め春に多いは本当なのか?

 突然死といえば、いわゆる腹上死もその範疇に入る。「ラブホが死に場所なんてイヤ」と笑う30代もいれば、「快感の中で逝くのはある意味、男の夢」とマジメに語る50代もいる。

 だが、相手が妻でも部下のOLでも、セックスをする限り、腹上死のリスクは付きまとう。

 腹上死は、字ヅラではセックスの最中に“女性のお腹の上で亡くなる”イメージが強い。だが、元東京都監察医務院院長の上野正彦氏は、「正しくは行為後の死亡も含めて腹上死と考えなければならない」(「ED Practice 2005、性行為と心血管事故の発生の関連」から)としている。実際、心臓死の例はセックス後の就寝中に発症し、脳血管系はセックスの最中に発症し死亡まで数時間かかっていた――という。

 上野氏は、監察医として在職中の30年間に500例を超える性交死の実態を見てきたプロ中のプロ。そして、先の論文では、冷静な目で見た腹上死の現実をおよそ次のようにまとめている。「死因は心血管系56%、脳血管系43%」「年齢は30、40代の中年層」「男女の年齢差が大きい」「春に多い」「場所は自宅、ホテル、愛人宅の順」「冠状動脈硬化、心肥大だった人」「行為の前に30%は飲酒」――。オナニー中の急死も8%あったというから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る