• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腹上死」は心疾患が6割を占め春に多いは本当なのか?

 突然死といえば、いわゆる腹上死もその範疇に入る。「ラブホが死に場所なんてイヤ」と笑う30代もいれば、「快感の中で逝くのはある意味、男の夢」とマジメに語る50代もいる。

 だが、相手が妻でも部下のOLでも、セックスをする限り、腹上死のリスクは付きまとう。

 腹上死は、字ヅラではセックスの最中に“女性のお腹の上で亡くなる”イメージが強い。だが、元東京都監察医務院院長の上野正彦氏は、「正しくは行為後の死亡も含めて腹上死と考えなければならない」(「ED Practice 2005、性行為と心血管事故の発生の関連」から)としている。実際、心臓死の例はセックス後の就寝中に発症し、脳血管系はセックスの最中に発症し死亡まで数時間かかっていた――という。

 上野氏は、監察医として在職中の30年間に500例を超える性交死の実態を見てきたプロ中のプロ。そして、先の論文では、冷静な目で見た腹上死の現実をおよそ次のようにまとめている。「死因は心血管系56%、脳血管系43%」「年齢は30、40代の中年層」「男女の年齢差が大きい」「春に多い」「場所は自宅、ホテル、愛人宅の順」「冠状動脈硬化、心肥大だった人」「行為の前に30%は飲酒」――。オナニー中の急死も8%あったというから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る