「腹上死」は心疾患が6割を占め春に多いは本当なのか?

公開日:

 突然死といえば、いわゆる腹上死もその範疇に入る。「ラブホが死に場所なんてイヤ」と笑う30代もいれば、「快感の中で逝くのはある意味、男の夢」とマジメに語る50代もいる。

 だが、相手が妻でも部下のOLでも、セックスをする限り、腹上死のリスクは付きまとう。

 腹上死は、字ヅラではセックスの最中に“女性のお腹の上で亡くなる”イメージが強い。だが、元東京都監察医務院院長の上野正彦氏は、「正しくは行為後の死亡も含めて腹上死と考えなければならない」(「ED Practice 2005、性行為と心血管事故の発生の関連」から)としている。実際、心臓死の例はセックス後の就寝中に発症し、脳血管系はセックスの最中に発症し死亡まで数時間かかっていた――という。

 上野氏は、監察医として在職中の30年間に500例を超える性交死の実態を見てきたプロ中のプロ。そして、先の論文では、冷静な目で見た腹上死の現実をおよそ次のようにまとめている。「死因は心血管系56%、脳血管系43%」「年齢は30、40代の中年層」「男女の年齢差が大きい」「春に多い」「場所は自宅、ホテル、愛人宅の順」「冠状動脈硬化、心肥大だった人」「行為の前に30%は飲酒」――。オナニー中の急死も8%あったというから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る