遊郭専門「カストリ書房」店主に聞く“7割が女性客”のなぜ

公開日:

 東京は吉原に2016年9月からオープンしている、遊郭専門書店「カストリ書房」。店主の渡辺豪さんは会社員時代に遊郭に興味を持ち、全国の遊郭・赤線があった場所を回り歩いた。その後、脱サラして14年に「カストリ出版」を立ち上げ、遊郭関係書籍の復刊書などを作り始める。書籍は当初ネット販売が中心だったが、書店を開店して実店舗での販売も開始した。

「カストリ書房に来るお客さんの7割は、女性客です。それも20代後半から30代前半が中心。男性客は、20代後半から60代までと幅広いのですが。SNSで情報を流す際も、反応してくれるのは女性のほうが多いです」と渡辺さん。

 遊郭といえば男の遊び場。しかし女性のほうが興味を示しているとは、なぜだろう。

「まずは性に対してオープンになってきているというのが大きいでしょう。女性が性について語るのはタブーという考え方が古くなりオープンに語られるようになってきたことで、遊郭などに興味を持つ女性も増えたのでは。最近では成人式に『花魁(おいらん)』で着飾る女性も目立つようになってきましたよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る