熊谷で41.1度…都の受動喫煙防止条例は喫煙者を殺す気か

公開日:

 全国で猛暑日が続く中、23日ついに埼玉・熊谷市で国内観測史上最高となる気温41.1度を記録。都心でも39度を観測した。いよいよ、外にたたずんでいるだけで死の危険を感じざるを得なくなったが、今後、都内で熱中症リスクにさらされることになるのが、喫煙者だ。原因は、先月末に都議会で成立した受動喫煙防止条例である。

 2020年に全面施行されると、都内の84%の飲食店が全面禁煙となる。路上喫煙者が続出する懸念を受け、小池百合子都知事は屋外公衆喫煙所の設置費を区市町村に全額補助する方針を示している。つまり、喫煙者は今後、公園などに設置された“青空喫煙所”で一服する機会が激増することになるのだ。

 東京消防庁によると、今年に入って都内の熱中症が疑われる搬送者数は、22日までに3544人に上り、昨年1年間の総数(3454人)をあっさり上回った。総務省消防庁の統計によると、熱中症の発生場所の内訳は、全体の約3割が「屋外公園」と「道路」だ。ちょっとした一服も“命懸け”になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る