熊谷で41.1度…都の受動喫煙防止条例は喫煙者を殺す気か

公開日: 更新日:

 全国で猛暑日が続く中、23日ついに埼玉・熊谷市で国内観測史上最高となる気温41.1度を記録。都心でも39度を観測した。いよいよ、外にたたずんでいるだけで死の危険を感じざるを得なくなったが、今後、都内で熱中症リスクにさらされることになるのが、喫煙者だ。原因は、先月末に都議会で成立した受動喫煙防止条例である。

 2020年に全面施行されると、都内の84%の飲食店が全面禁煙となる。路上喫煙者が続出する懸念を受け、小池百合子都知事は屋外公衆喫煙所の設置費を区市町村に全額補助する方針を示している。つまり、喫煙者は今後、公園などに設置された“青空喫煙所”で一服する機会が激増することになるのだ。

 東京消防庁によると、今年に入って都内の熱中症が疑われる搬送者数は、22日までに3544人に上り、昨年1年間の総数(3454人)をあっさり上回った。総務省消防庁の統計によると、熱中症の発生場所の内訳は、全体の約3割が「屋外公園」と「道路」だ。ちょっとした一服も“命懸け”になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る