西日本豪雨でもわざわいに 「自分は大丈夫」の心理とは

公開日: 更新日:

 記録的な猛暑の中、熱中症で倒れる人が増えている。共同通信の集計によると今年初の39度超えとなった16日は全国で5人が死亡、2020人が救急搬送された。熱中症は「俺は大丈夫」と自己を過信している人が症状に見舞われることが多い。夏の暑さをみくびってしまうのだ。

 このように「自分は大丈夫」「まだ大丈夫」と考える心理作用を「正常性バイアス」という。今回の西日本豪雨で大勢の死者が出たのもこの心理が原因とされ、メディアで話題になっている。

 明大講師の関修氏(心理学)によると、人は余計な不安を感じないよう、災害や事故が起きても危険を過小評価する本能があるという。これが正常性バイアスだ。

「正常性バイアスは気持ちを安定させるために重要ですが、災害ではマイナスに作用します。水害を経験したことがない人は警報が出ても『ウチが水につかることはないだろう』と勝手に結論づけて逃げようとしない。避難するよう言われても『大丈夫』と拒絶し、その結果、洪水や土砂崩れの犠牲になってしまうのです」(関修氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る