• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カメラ片手に訪れたい 徳島・香川「新名所」の旅

 ある金曜日の仕事帰り、夜行バスに乗った。旅の目的は「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65―1)。全国の絵画ファンが集まっていると話題のスポットだ。

 大きな陶器の板に原画を忠実な色彩で再現した

「陶板名画」の美術館で、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1000点余りを展示。そのスケール感に圧倒された。入り口の長いエスカレーターを上ると、「システィーナ礼拝堂」の天井画が飛び込んでくる。ローマ教皇によってバチカン宮殿内に建造された礼拝堂で、ミケランジェロが描いた天井絵画だ。長椅子に腰かけて、天井を仰ぐ。静かな異空間は居心地が良い。周囲を見渡すとうたた寝する人も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る