カメラ片手に訪れたい 徳島・香川「新名所」の旅

公開日:  更新日:

 ある金曜日の仕事帰り、夜行バスに乗った。旅の目的は「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65―1)。全国の絵画ファンが集まっていると話題のスポットだ。

 大きな陶器の板に原画を忠実な色彩で再現した

「陶板名画」の美術館で、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1000点余りを展示。そのスケール感に圧倒された。入り口の長いエスカレーターを上ると、「システィーナ礼拝堂」の天井画が飛び込んでくる。ローマ教皇によってバチカン宮殿内に建造された礼拝堂で、ミケランジェロが描いた天井絵画だ。長椅子に腰かけて、天井を仰ぐ。静かな異空間は居心地が良い。周囲を見渡すとうたた寝する人も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る