カメラ片手に訪れたい 徳島・香川「新名所」の旅

公開日: 更新日:

 ある金曜日の仕事帰り、夜行バスに乗った。旅の目的は「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65―1)。全国の絵画ファンが集まっていると話題のスポットだ。

 大きな陶器の板に原画を忠実な色彩で再現した

「陶板名画」の美術館で、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1000点余りを展示。そのスケール感に圧倒された。入り口の長いエスカレーターを上ると、「システィーナ礼拝堂」の天井画が飛び込んでくる。ローマ教皇によってバチカン宮殿内に建造された礼拝堂で、ミケランジェロが描いた天井絵画だ。長椅子に腰かけて、天井を仰ぐ。静かな異空間は居心地が良い。周囲を見渡すとうたた寝する人も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る