カメラ片手に訪れたい 徳島・香川「新名所」の旅

公開日:  更新日:

 ある金曜日の仕事帰り、夜行バスに乗った。旅の目的は「大塚国際美術館」(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65―1)。全国の絵画ファンが集まっていると話題のスポットだ。

 大きな陶器の板に原画を忠実な色彩で再現した

「陶板名画」の美術館で、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、1000点余りを展示。そのスケール感に圧倒された。入り口の長いエスカレーターを上ると、「システィーナ礼拝堂」の天井画が飛び込んでくる。ローマ教皇によってバチカン宮殿内に建造された礼拝堂で、ミケランジェロが描いた天井絵画だ。長椅子に腰かけて、天井を仰ぐ。静かな異空間は居心地が良い。周囲を見渡すとうたた寝する人も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る