後藤田衆院議員を提訴 愛人に訴えられる男の行動パターン

公開日:

 何があったのか。自民党の後藤田正純衆院議員(49)に結婚詐欺の被害にあったとして損害賠償訴訟を起こしたのは、愛人関係にあったとされる女性で、週刊文春なども不倫疑惑を報じている。一般論として、男の不倫がバレると、逆鱗に触れた妻が、愛人を訴えるのが典型だ。

 しかし、今回の“攻撃の主”は、ほかならぬ愛人で、結婚を思い描くようになったのにポイ捨てされたことでキズついたとして、損害賠償を求めている。後藤田氏は事実無根と争う構えだが、火のないところに煙は立たず。何らかの行き違いがあったのは間違いないだろう。

 後藤田氏のケースはともかく、男性が愛人に訴えられるのは、どんなケースか。男女問題研究家の山崎世美子氏は「男女それぞれに特徴がある」として、男性側の特徴をこう指摘する。

「一つは、普通のデートができない地位にいる場合です。私が相談を受けた女性は、神社の神主にキレた。国会議員も神主も大っぴらなデートはできず、人目を忍んで逢瀬を重ねます。その神主の愛人のデートは常にカラオケボックスか彼女の自宅。もう一つは、風俗で遊ぶよりキャバクラやスナックで女性を口説くことに本腰を入れるタイプです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る