警察が見分ける“スリ眼”“エロ眼”とは 小川泰平さんに聞く

公開日: 更新日:

 今年は日本で、ラグビーワールドカップが開催される。世界中から多くの人が来日し、列島は大賑わいとなりそうだが、そうなると勢いづくのが、スリの連中だ。特に今年は改元を挟んで10連休もある。多くの人出が見込まれる場所では警戒が必要だろう。

「スリを働く相手は目の動きを見れば分かります」

 こう指摘するのは、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平さん。小川さんは神奈川県警時代に盗犯を担当する捜査3課に在籍していたこともある。いわば盗っ人を見分けるプロだ。

「私たちは“スリ眼”と呼んでいますが、彼らは前から歩いてくる人たちの上着やズボンのポケットと手に持っているカバンなどを目で追います。それもじっくりと見極めるのではなく、瞬時にパッパ、パッパと次から次へと物色していく。財布はどこにあるか、カネは持っていそうか、獲物を探しているわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る