怪しいビジネスも…30~40代女性がハマる「子宮教」とは?

公開日: 更新日:

 “子宮教”にハマる30代、40代女性が増えているという。子宮教といっても、特定の宗教団体があるわけじゃない。

「呪われ女子に、なっていませんか?」(KKベストセラーズ)の著者・山田ノジル氏によると、子宮教とは「子宮の本音に従って生きると心身の不調が改善し、金銭面は潤い、恋愛も仕事もすべてがうまくいき、幸せになれる」などの主張を指す。数年前から、ネット上で“蔓延”していったという。

 もちろん“信仰”は自由だが、看過できないのは、子宮教を広めるブロガーたちが健康法や開運法、自己啓発法といったセミナーやセッションを展開し、スピリチュアルな“子宮教ビジネス”が広まっていったこと。

「霊視であなたの顔の横に性器が見えます。あなたの場合、叶恭子的な性器が見えます」

 これはある女性が、ある子宮教の霊視サービスで言われた内容だ。何でも「御まん託」と呼ばれているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る