全国浮気調査で異変 埼玉が「43位→1位」に躍り出たワケ

公開日: 更新日:

 浮気好き日本一は埼玉県民――。こんな調査結果が話題になっている。

 相模ゴム工業が全国の男女1万4100人に「結婚相手/交際相手以外にセックスをする相手はいますか?」と聞いたところ、相手がいると答えた人の1位は埼玉県民で31.03%。2位の京都(25.63%)に大差をつけて浮気チャンピオンぶりを見せつけた。ちなみに全国平均は20.5%である。

 埼玉県は前回調査(2013年)では43位(18%)と下位だった。なぜ“大躍進”したのか。県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」所長の矢野新一氏はこう言う。

「埼玉県は北海道や東北のような寒さもなく、西日本のような暑さもないため、みんな気持ちがおおらかなんです。バブルのときにディスコのお立ち台で踊っていた女の子の大半が埼玉県民だったことからも分かるように、女性は都会への憧れが強く、自由に生きたいと考えています。浮気はかっこいい生き方でもあるのです。5年間でトップに上り詰めたのは県外から移り住んだ人が子育てなどが一段落し、浮気を楽しむ余裕ができたからでしょう」

 ちなみに2位は京都府、3位は和歌山県でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る