突然「提訴の告知」文書が…裁判所をかたる詐欺の巧妙手口

公開日: 更新日:

 新手の「詐欺」が発覚し、東京地裁は5日、HPで「『地方裁判所 民事訴訟部』の名前を騙る郵便物に御注意ください」と呼び掛けている。

 3日、神奈川県川崎市の元映画プロデューサーAさん(66)の自宅に1通の郵便物が届いた。切手の横には「至急」という赤色の判が押され、差出人は「地方裁判所 民事訴訟部」とある。宛名はAさんの奥さん(67)の名前になっていた。

「提訴の告知」と書かれた文書には「あなたは支払い義務違反という事で、地方裁判所に訴状の提出が行われ、受理されております。この件に関して異議申し立て、または取り下げ希望がある場合、下記日付までに答弁書の御提出または、当局にて御相談を受け賜わっておりますので、民事訴訟部ご相談窓口にお問い合わせ下さい」と明記され、「請求の趣旨」として「1、原告は被告に対し支払い義務違反という事で未納請求を求める。(民法第415条)」とあった。また「証拠方法」の箇所には「第1号証 契約全履歴証書1通 第2号証 通信履歴(NTT東日本参照)1通 第3号証 平成30年(ホ)第4912号 少額金請求件関連証書7通」と、もっともらしいことが記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る