村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】親しくしていた女子社員の態度が豹変し困惑している

公開日: 更新日:

 社内で共通の話題からある女子社員と親しくなりました。私とは30歳くらい年が離れていますが、気にせずに食事に行ったり、ライブに行ったりしていました。

 そんな中で、私がアクセサリーをプレゼントしたところ急に態度を硬化させ(アクセサリーはすぐに返却してきました)、それ以降、食事などの誘いに応じなくなっただけではなく、人事に対して困っているとの申し出を行いました。誘うにしても無理強いしたことはなく、かなり気を使っていました。この女子社員の考えがわかりません。 (56歳・会社員)

 ◇  ◇  ◇

 彼女はきっと感受性が豊かでおられるのでしょう。こうした女性は手かざししただけで「私に催眠術をかけ、思うままにしようとした」などと言い出しかねないものです。

 知人の男の会社経営者が友人の娘を自分の会社に事務員として雇ったことがありました。親しくしていた男の娘ということで、なにくれとなく面倒を見ることを心掛けました。たとえば残業で遅くなっ時には食事をごちそうし、家まで車で送るといった気遣いです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る