殺人現場と思ったら…リアルなハロウィーン演出で大騒ぎに

公開日: 更新日:

 米テキサス州ダラス市の住宅街で先週、凄惨な殺人事件が発生したという通報が何本も警察署に寄せられた。民家の前庭には金庫で頭部を潰された男性が横たわり、屋根にはチェーンソーが頭部に突き刺さった死体が確認できた。

 この現場を目撃した複数の通行人や車の運転者から、「911番通報(日本の110番)」があったため、警察官は現場に急行。だが仕組まれた演出であることがすぐに判明した。

 同家に住むスティーブン・ノバクさんはアーティストで、ハロウィーン用に殺人現場を再現させたのだった。取材に訪れた地元メディアにこう答えている。

「仕事柄、空を飛ぶ幽霊や雪男などを創作したことがあり、今年のハロウィーンでは大掛かりなものを作ってやろうと思っていたのです。家の前を通る人は恐怖におののいていました(笑い)」

 ニセ血液を75リットルも使用して家屋に塗る人はそうはいません。恐れ入りました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る