年初来高値に急接近 それでも買っていい「業界」「銘柄」

公開日: 更新日:

 平均株価は25日3日続伸となり、5月22日に付けた年初来高値1万5627円26銭まで8円強に迫った。外国人投資家も日本株を再び物色し始め、鉄火場相場が戻りつつある。

■来年半ばに1万8000円も

 エコノミストたちも、「来年半ばまでに1万8000円程度まで上昇するだろう」(SBI証券投資調査部長の鈴木英之氏)、「不透明要因が解消し、消費税増税後の来年4月から、上昇基調に入る」(第一生命経済研究所主席エコノミストの永浜利広氏)と強気の予想がほとんど。天井はまだ先と見られている。それなら、これから仕込むとすれば、どんな銘柄か。株式評論家の倉多慎之助氏に聞いた。

「まずは来年の通常国会にかけてメニューが出揃う成長戦略に乗ってみるといいでしょう。株価は期待感が高いほど上昇幅を見込める。成長戦略は海のものとも山のものとも分からないシロモノだからこそ、格好の取引の好材料になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る