年初来高値に急接近 それでも買っていい「業界」「銘柄」

公開日: 更新日:

 平均株価は25日3日続伸となり、5月22日に付けた年初来高値1万5627円26銭まで8円強に迫った。外国人投資家も日本株を再び物色し始め、鉄火場相場が戻りつつある。

■来年半ばに1万8000円も

 エコノミストたちも、「来年半ばまでに1万8000円程度まで上昇するだろう」(SBI証券投資調査部長の鈴木英之氏)、「不透明要因が解消し、消費税増税後の来年4月から、上昇基調に入る」(第一生命経済研究所主席エコノミストの永浜利広氏)と強気の予想がほとんど。天井はまだ先と見られている。それなら、これから仕込むとすれば、どんな銘柄か。株式評論家の倉多慎之助氏に聞いた。

「まずは来年の通常国会にかけてメニューが出揃う成長戦略に乗ってみるといいでしょう。株価は期待感が高いほど上昇幅を見込める。成長戦略は海のものとも山のものとも分からないシロモノだからこそ、格好の取引の好材料になりそうです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る