スズキ会長・鈴木修氏 「自動車税の高さは新興国並みだ」

公開日: 更新日:

――この税制自体はどうですか?

 物品税というのがあったんですよ。消費税の前に。贅沢(ぜいたく)品に税金をかけるもので、宝石にも自動車にもかかっていた。ところが、消費税導入時に廃止され、100万円の宝石は現在、消費税8%だけ、108万円で買える。ところが、自動車は贅沢税の名残が残ってしまって、消費税のほかに取得税、諸費用などで、100万円の自動車を買うのに125万円くらいかかるわけです。さて、雇用や経済発展という意味で、国民経済に貢献しているのは宝石なのか、自動車なのか。自動車でしょう。それに農山村には公共交通機関がないところもある。都会の人は税金で道路も電車も整備されているから、車はいらない。でも農山村は違いますよ。浜松の山奥なんて、バスが1日2、3本しかない。ご主人は小型車で職場に行き、嫁さんが軽でおばあちゃんを病院に送ったり、スーパーに行ったりする。日本全国の道路の85%は道幅3.8メートル以下です。そうした道路で軽自動車が使われている。だから、軽自動車の税金は経済政策として論じるべきだ。そういう学者もいるくらいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る