消費者庁改善指導も 増税後ドサクサ「価格偽装」を見破るコツ

公開日: 更新日:

 4月からの増税で節約生活を強いられる庶民には許せない話だ。「架空のメーカー希望小売価格」などと比較し値下げを偽装した業者に対し、消費者庁が改善指導をしていたことが分かった。「景品表示法に違反する恐れがある」と指摘された事例は、2013年11月までの1年間で86件に上るという。もっとも、これは氷山の一角。価格競争が激化すればするほど、怪しい価格表示は増えていく。だまされて損したくない消費者は、いったいどうすればいいのか。専門家に聞いた。

■スーパー

 増税後は、本体価格と税込み価格の表示がバラバラになり、より比較が難しくなった。他店より値段が安いと思っても、よく見るとグラム数が違うなんてことはよくある。
「あらかじめその日に必要な商品を書き出し、チラシ検索サイトで店ごとの価格を比較するといいでしょう」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る