• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消費者庁改善指導も 増税後ドサクサ「価格偽装」を見破るコツ

投稿日:  更新日:

 4月からの増税で節約生活を強いられる庶民には許せない話だ。「架空のメーカー希望小売価格」などと比較し値下げを偽装した業者に対し、消費者庁が改善指導をしていたことが分かった。「景品表示法に違反する恐れがある」と指摘された事例は、2013年11月までの1年間で86件に上るという。もっとも、これは氷山の一角。価格競争が激化すればするほど、怪しい価格表示は増えていく。だまされて損したくない消費者は、いったいどうすればいいのか。専門家に聞いた。

■スーパー

 増税後は、本体価格と税込み価格の表示がバラバラになり、より比較が難しくなった。他店より値段が安いと思っても、よく見るとグラム数が違うなんてことはよくある。
「あらかじめその日に必要な商品を書き出し、チラシ検索サイトで店ごとの価格を比較するといいでしょう」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る