消費者庁改善指導も 増税後ドサクサ「価格偽装」を見破るコツ

公開日:  更新日:

 4月からの増税で節約生活を強いられる庶民には許せない話だ。「架空のメーカー希望小売価格」などと比較し値下げを偽装した業者に対し、消費者庁が改善指導をしていたことが分かった。「景品表示法に違反する恐れがある」と指摘された事例は、2013年11月までの1年間で86件に上るという。もっとも、これは氷山の一角。価格競争が激化すればするほど、怪しい価格表示は増えていく。だまされて損したくない消費者は、いったいどうすればいいのか。専門家に聞いた。

■スーパー

 増税後は、本体価格と税込み価格の表示がバラバラになり、より比較が難しくなった。他店より値段が安いと思っても、よく見るとグラム数が違うなんてことはよくある。
「あらかじめその日に必要な商品を書き出し、チラシ検索サイトで店ごとの価格を比較するといいでしょう」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る