丸紅 朝田会長派vs勝俣相談役派の確執で社長人事も混沌

公開日: 更新日:

 社長交代はまだ先、と思われた丸紅の雲行きが怪しくなってきた。朝田照男会長(67)と勝俣宣夫相談役(73)の確執が続いていることが原因だ。

 勝俣氏が社長時代に推し進めた財務リストラを朝田氏が部下として支え、勝俣氏が朝田氏へ社長ポストの禅譲を決めたことを、丸紅の役員OBだけでなく、現役役員もみな知っている。2008年2月20日の朝田社長内定会見では2人ががっちり握手をしていた。ところが、「今の社内は勝俣派と朝田派の激しいせめぎ合いになっている」(役員OB)というのである。

 両派の確執は、15年3月期に米穀物大手、ガビロンで巨額損失を出したことに端を発する。ガビロンの買収を主導したのは朝田氏。勝俣氏は反対し、2人の蜜月関係にひびが入った。

「勝俣派は『ガビロンは朝田案件。トカゲの尻尾切りではなく、責任を明確にすべきだ』と言っています。トカゲの尻尾とは、朝田会長とともにガビロン買収を主導した2人が今年4月の人事で関連会社に出向になった件。そのうちの1人は、丸紅の食糧事業を率いて『穀物マフィア』と呼ばれたほどの人物でした。業界では、ガビロンの巨額損失による引責と受けとめました」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る