師走相場“最後の主役” 「スター・ウォーズ」銘柄を狙え

公開日: 更新日:

 兜町に“スター・ウォーズ旋風”が巻き起こっている。映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、18日の18時30分に日本で公開された。週末3日間(18~20日)で、観客動員100万人を突破し、興行収入は16億円を超えた。

 スター・ウォーズ新作の経済効果は、全世界で3兆円といわれるが、株式市場にもプラス効果をもたらしている。

「先週は日銀が金融緩和の補完策を公表しましたが、市場の反応はイマイチだった。スター・ウォーズ公開のほうが、よっぽど市場心理を好転させたと思う」(証券アナリスト)

 スター・ウォーズ仕様の特急ラピートを、関西空港駅~難波駅で走らせる南海電鉄の株価は21日、前営業日比7円高の687円で引けた。スター・ウォーズの世界を体感できるアトラクション「スター・ツアーズ」が人気の東京ディズニーランド(会社名オリエンタルランド)も、前営業日比78円高の7178円と好調だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る