セブン&アイHD 村田社長も退任で“集団指導体制”に移行か

公開日: 更新日:

 セブン&アイHDの新経営体制が少しずつ漏れてきた。村田紀敏社長兼COO(72)は退任し、新トップにはセブン―イレブン社長の井阪隆一社長兼COO(58)が就く方向で調整が進んでいるという。

 新体制では会長職を置かず、CEOやCOOといった役職の廃止も検討されている。これまでの「鈴木─村田体制」から、集団指導体制へ移行するとの観測も浮上してきた。

 来週19日の取締役会で新体制が決議されるが、伝わっている井阪新社長でスンナリ決まるとは限らない。

 そもそも鈴木会長の“井阪切り”が騒動の発端だし、セブン&アイの取締役は「鈴木派と伊藤派(創業家)の争い」(流通関係者)と伝わる。

 先日の取締役会では、井阪氏を退任させる鈴木案に賛成7、反対6、白票2という結果だった。この票数を見ても、19日の取締役会が荒れ模様になるのは必至だ。

 伊藤家の伊藤順朗氏(57)、鈴木会長の次男・鈴木康弘氏(51)も取締役に名を連ねる。セブン&アイの迷走は続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る