セブンの改革にヒントあり 「役員になれる部長」はココが違う

公開日: 更新日:

「コンビニ、ナメとったわ。あのそば、うまいでぇ」

 うどん文化の関西で、セブン―イレブンの「ざる蕎麦」が評判だ。エリア別の売り上げは、全国平均を上回る。「だし巻き玉子」も関西が全国1位だ。

 実は、セブンにとって関西エリアは、昨年まで唯一のウイークポイントだった。そのテコ入れで「ざる蕎麦」や「だし巻き玉子」などが見直されて、関西でヒット。PB商品全体の売上高アップに貢献し、今年は1兆円の大台が見えてきた。

「関西をテコ入れする西日本プロジェクトを指揮したのが、3年前に執行役員に就いた石橋誠一郎さん。部長時代から『セブンゴールド 日清名店仕込みシリーズ』をはじめ数多くのヒット商品を飛ばした商品本部のエースです」(業界関係者)

 石橋氏のように実績を積み重ねて役員になるのは、出世を目指すサラリーマンの理想形。では、役員になれる部長となれない部長は、どこが違うのか。SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る