セブンの改革にヒントあり 「役員になれる部長」はココが違う

公開日:  更新日:

「コンビニ、ナメとったわ。あのそば、うまいでぇ」

 うどん文化の関西で、セブン―イレブンの「ざる蕎麦」が評判だ。エリア別の売り上げは、全国平均を上回る。「だし巻き玉子」も関西が全国1位だ。

 実は、セブンにとって関西エリアは、昨年まで唯一のウイークポイントだった。そのテコ入れで「ざる蕎麦」や「だし巻き玉子」などが見直されて、関西でヒット。PB商品全体の売上高アップに貢献し、今年は1兆円の大台が見えてきた。

「関西をテコ入れする西日本プロジェクトを指揮したのが、3年前に執行役員に就いた石橋誠一郎さん。部長時代から『セブンゴールド 日清名店仕込みシリーズ』をはじめ数多くのヒット商品を飛ばした商品本部のエースです」(業界関係者)

 石橋氏のように実績を積み重ねて役員になるのは、出世を目指すサラリーマンの理想形。では、役員になれる部長となれない部長は、どこが違うのか。SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務の横山信治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る