市場も戦々恐々 神戸製鋼所が「第2のタカタ」になる日

公開日: 更新日:

「ヤバいよ、これ」「早く手じまいした方がいい」――。ネットは、投資家らの悲痛な叫びであふれ返っている。対象となっているのは、性能データ改ざん問題で大揺れとなっている「神戸製鋼所」。帝国データバンクは、16日、同社とグループ会社の製品の取引先が6123社に上ると発表した。

 新幹線、H2Aロケット、国産初のジェット旅客機MRJ、防衛装備品に鉄粉……。いやはや、神鋼は改ざん製品の納入先を約500社と説明しているが、性能データを改ざんした対象分野は日増しに拡大するばかり。株価は年初来高値を付けた7月31日(1395円)から急落し、きのうは一時774円の年初来安値となった。

 神鋼製品は国内自動車メーカーの大半に加え、独ダイムラーや欧州エアバスなど海外企業も30社超が採用している。世界で50%のシェアを持つ製品もあり、日本以上に海外の反響は大きく「神鋼ショック」などと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る