市場も戦々恐々 神戸製鋼所が「第2のタカタ」になる日

公開日: 更新日:

「ヤバいよ、これ」「早く手じまいした方がいい」――。ネットは、投資家らの悲痛な叫びであふれ返っている。対象となっているのは、性能データ改ざん問題で大揺れとなっている「神戸製鋼所」。帝国データバンクは、16日、同社とグループ会社の製品の取引先が6123社に上ると発表した。

 新幹線、H2Aロケット、国産初のジェット旅客機MRJ、防衛装備品に鉄粉……。いやはや、神鋼は改ざん製品の納入先を約500社と説明しているが、性能データを改ざんした対象分野は日増しに拡大するばかり。株価は年初来高値を付けた7月31日(1395円)から急落し、きのうは一時774円の年初来安値となった。

 神鋼製品は国内自動車メーカーの大半に加え、独ダイムラーや欧州エアバスなど海外企業も30社超が採用している。世界で50%のシェアを持つ製品もあり、日本以上に海外の反響は大きく「神鋼ショック」などと報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る